baboocon
Indivisual Investor

8 / 2

2015

2015年7月の読書まとめ

新潮文庫夏の100冊

7月の読書ペースは多くも少なくもなく、平常運行。

2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:6574ページ
ナイス数:896ナイス

先月から2015年の新潮文庫夏の100冊が発表された。

新潮文庫の100冊 2015

読書メーターで新潮文庫の100冊を読み切ろうというイベントを一昨年から有志で行なっていて、今年も開催中。

新潮文庫夏の100冊2015を読破しよう! - 読書メーターイベント

もちろん、僕も参加している。

このイベントの良いところは、競争意識がかき立てられて目標の冊数を達成してやろうと読書のモチベーションが湧くこと。また普段なら自分からは決して読まないタイプの本にも手を出す機会になるということ。

逆に悪いところは対象作品の多くが手元にないので、新規に購入したり図書館から借りたりで一向に積読が減らないということ(笑)。


7 / 3

2015

2015年6月の読書まとめ

「ダンまち」月間

先月はすっかりハマってしまった「ダンまち」こと、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」シリーズを読みあさっていた。

2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:24冊
読んだページ数:7861ページ
ナイス数:843ナイス

読書メーターの感想はまだ書いてないのが何冊かあるけれど本編だけでなく外伝4巻まで一気読みして、ふたたび1巻から読み直している。

普通、面白いと思った作品でもすぐに読みなおすことはあまりしないのだけど、それくらい個人的にツボにハマった、久しぶりの大ヒット。

アニメは第1期が終わってしまったけれど、その続きはまだまだ熱い展開が待っているので、アニメから入った人はぜひ原作も読んでみて(アニメ最終回の続きは6巻から)。


6 / 13

2015

2015年5月の読書まとめ

先月は20冊超え

月20冊読んだのは数ヶ月ぶりかな?

2015年5月の読書メーター
読んだ本の数:24冊
読んだページ数:7054ページ
ナイス数:548ナイス

薄めの本やライトノベルが多かったせいもあるし、出張が多めで移動時間にたくさん読めたせいもある。

「なれる!SE」シリーズは途中で止まっていたけれど、一気に最新刊まで読んだ。1巻から引っ張ってきた室見立華の謎も回収し、1stシーズン完というところか。次巻以降は工兵も新卒ではなくなるわけで、どういう展開にするのか楽しみ。

しばらく前にTwitter上でアニメのキャラ・ヘスティア様の「例の紐」が話題になっていた「ダンまち」こと「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」。タイトルがいかにもラノベチックなネーミングで、どうせ凡庸な主人公がなぜか美少女キャラクターとキャッキャウフフするハーレム的なアレだろ?とうがった見方をしていたのだけど、試しに買ったばかりのKindle Paperwhiteで1巻を購入して読んでみたら、意に相違してめっちゃ面白かった。かつて「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」に胸をときめかせた人ならわかってくれるだろう、正統派ファンタジー冒険譚。

あまりに面白かったので2巻までKindleで読んだところで、「これはKindleで読むにはもったいない!手元に置いておきたい!」と3巻以降は紙の本を買って読んじゃいました(これは6月分で)。

ぼくらのきせき  ほのぼのログぼくらのきせき ほのぼのログ感想
イラストレーターの深町なかさんの画集は以前読んだけど、そのキャラクター達を原案にしたノベライズというのは珍しい?4組のカップル(あるいはカップル未満)も等身大の悩みを抱えていて、でもそれを傍から見ると微笑ましくて、ちょっとこそばゆい。
読了日:5月1日 著者:藤谷燈子
丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)感想
十二国記の12年ぶりの新刊。だが刊行直後に買ってから2年近く積んでいた(笑)今回は王や麒麟が主役ではなく、より一般市民に近い(といっても仙籍に入ってたりするが)下級役人達の短編集。王がいない、あるいは傾きつつある国がどんなものかは既に描かれているけれど、その中で自分たちにできることをやろうとする人の姿には胸を打たれる。特に「青条の蘭」は凄絶だった。
読了日:5月3日 著者:小野不由美
タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)感想
前からタイトルだけは気になっていた本。ビストロを舞台にした日常の謎系ミステリー。堅苦しくなくさくさく読める。シェフの三舟さんのぶっきらぼうな口調がいい。出てくる料理は庶民的なフランスの家庭料理だそうだが、食べたことないものばかり。『ビストロ パ・マル』に行ってみたくなる。
読了日:5月4日 著者:近藤史恵
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)感想
アニメのヘスティア様が少し前に話題になっていたので気になってKindle版で読了。ドラクエなどのRPGを彷彿とさせる世界観のラノベはいまや珍しくもないのだろうけど、地上に降りて暮らす神様の眷族(ファミリア)を単位としたダンジョン都市での冒険や生活、ダンジョン探索で得る収入や経験値による成長など、設定が丁寧でワクワクする。弱っちい主人公が勇気を振り絞って成長していく展開は好みなので続刊も読んでみよう。
読了日:5月6日 著者:大森藤ノ
Ruby 2 さまざまなデータとアルゴリズム (CD-ROM付) (プログラミング学習シリーズ)Ruby 2 さまざまなデータとアルゴリズム (CD-ROM付) (プログラミング学習シリーズ)感想
2巻はRubyの入門書というよりもプログラミングの脱入門書のような印象。Ruby文法を一つ一つ紹介するのではなく、実際に色々な問題を解きながらおぼえていく形式。ハッシュと暗号や例外処理、ソートアルゴリズムの計算量の話は意外と参考になった。
読了日:5月9日 著者:arton,宇野るいも
ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫)ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫)感想
前作「タルト・タタンの夢」が面白かったので、その続編もあまり日にちを置かず読んでみた。ビストロ・パ・マルでのちょっとした謎を三舟シェフが解くのは同じながら、前作とどこか違うなと思ったら、解説を読んで納得。「憂さばらしのピストゥ」や「マドモワゼル・ブイヤベースにご用心」は人間の嫌な面を巧みに描いてると感じた。後半、三舟シェフのフランス修業時代のエピソードも国による文化の違いを謎に織り込んでいて、なるほどと唸った。ブイヤベースやトリュフのオムレツ、食べてみたくなる。
読了日:5月10日 著者:近藤史恵
なんにもない部屋の暮らしかたなんにもない部屋の暮らしかた感想
ゆるりさんのコミックエッセイは2冊既読。自宅を「なんにもない」部屋にした後の過ごし方。共有スペースには家族個人個人のモノは放置せず、必ず自室に持ち帰るルールが印象的。室内で友人呼んでフラフープしたりは悪ノリしすぎ(笑)著者のファッション遍歴も恥をさらけ出す感じがよかったです。
読了日:5月10日 著者:ゆるりまい
お葬式お葬式
読了日:5月11日 著者:遠田潤子
のぞきめ (角川ホラー文庫)のぞきめ (角川ホラー文庫)
読了日:5月14日 著者:三津田信三
なれる!SE (9) ラクして儲かる?サービス開発 (電撃文庫)なれる!SE (9) ラクして儲かる?サービス開発 (電撃文庫)
読了日:5月16日 著者:夏海公司
Ruby on Rails チュートリアルRuby on Rails チュートリアル
読了日:5月17日 著者:MichaelHartl
なれる!SE (10) 闘う?社員旅行 (電撃文庫)なれる!SE (10) 闘う?社員旅行 (電撃文庫)
読了日:5月17日 著者:夏海公司
残業しない技術残業しない技術
読了日:5月17日 著者:梅森浩一
人間は自分が考えているような人間になる人間は自分が考えているような人間になる
読了日:5月20日 著者:アール・ナイチンゲール
なれる!SE (11) 絶対?管理職宣言 (電撃文庫)なれる!SE (11) 絶対?管理職宣言 (電撃文庫)
読了日:5月20日 著者:夏海公司
なれる!SE (12) アーリー?リタイアメント (電撃文庫)なれる!SE (12) アーリー?リタイアメント (電撃文庫)
読了日:5月21日 著者:夏海公司
モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術
読了日:5月22日 著者:土橋正
関数プログラミング実践入門 ──簡潔で、正しいコードを書くために (WEB+DB PRESS plus)関数プログラミング実践入門 ──簡潔で、正しいコードを書くために (WEB+DB PRESS plus)
読了日:5月23日 著者:大川徳之
あなたの物語―人生でするべきたった一つのことあなたの物語―人生でするべきたった一つのこと
読了日:5月24日 著者:水野敬也
図南の翼 十二国記 (新潮文庫 お 37-59 十二国記)図南の翼 十二国記 (新潮文庫 お 37-59 十二国記)
読了日:5月26日 著者:小野不由美
誰でも速く走れる骨ストレッチ誰でも速く走れる骨ストレッチ
読了日:5月29日 著者:松村卓
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2 (GA文庫)
読了日:5月30日 著者:大森藤ノ
百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)
読了日:5月31日 著者:中田永一
ワンクリック ジェフ・ベゾス率いるAMAZONの隆盛ワンクリック ジェフ・ベゾス率いるAMAZONの隆盛
読了日:5月31日 著者:リチャード・ブラント

読書メーター


5 / 5

2015

ひろしまフラワーフェスティバル

ひろしまフラワーフェスティバルに行ってきた

といっても、4日の夕方に近くまで行く用事があったのでついでに寄ってみただけ。

ひろしまフラワーフェスティバル(略してFF)を知らない人のために簡単に説明すると、毎年ゴールデンウィークに広島市中心部で開催される大規模なイベントで、名前の通り色とりどりの花々が会場の至るところに飾られる。大通りをねり歩くダンスも見どころ(らしい)。

「らしい」と書いたのは自分も広島出身のくせにまともに見たことがないから。

広電で市街地から45分ほどの郊外に実家はあるけれど、10代の頃は部活だの実家の田植えを手伝ったりだのでゴールデンウィークに遊びに出かけることがなかったし、成人してからは親元を離れて県外で暮らしているせいで、せっかくの実家での連休にわざわざ人混みに出かけていくのが馬鹿らしく、行くことがほとんどなかった。

今日は、同じく帰省していた妹が帰るのを見送りに紙屋町(広島市繁華街の一つ)まで出たついでに、寄ってみることにした。

フラワークイーンと遭遇

紙屋町から原爆ドーム前まで歩いて平和記念公園に入り、フェスティバルの展示物である大きな折り鶴やキャンドルを眺めながらメインステージまで歩く。と、花の塔の前で白いスーツに身を包んだ3人の女性が目の前に歩いてきた。

整った顔立ちに、にこやかな笑顔。肩にかかったタスキを見るまでもなく、彼女らが今年のひろしまフラワークイーンだというのはすぐにわかった。

最初は美人すぎる彼女たちに気後れしてそのまま立ち去ろうかと思ったけれど、考えてみたら広い会場で忙しいフラワークイーンと出逢える機会なんてそうそうないだろうし、せっかくの機会なので一緒に記念撮影をお願いした。


5 / 1

2015

2015年4月の読書まとめ

先月は久しぶりに10冊を割った。

新年度になって部署が変わったというのはあるかも知れないけれど、4月はそこまで忙しくなかったはずで、単純に読書に集中できていなかった気がする。

技術書や分厚い本を読んで、小説は相対的に少なめだった所為もあるかも?

「星を継ぐもの」は人に借りて読んだのだけど、とてもおもしろかった。

SFの異星人モノというと科学的な話はさておき、惑星間の闘争といった点が主題になるイメージがあったけど、この話は純粋に科学的なアプローチで月で見つかった人類そっくりの5万年前の死体が何者なのか?過去に何があったのか?というのを掘り下げていっている。初出は僕の生まれるよりも前で、古典といってもいい作品なのに、古臭さをほとんど感じさせない内容であることに驚いた。貸してくださった人は面白くなかったといっていたのが残念だけど(笑)、ありがとうございました。

2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2994ページ
ナイス数:690ナイス

それでも住みたいフランス (新潮文庫)それでも住みたいフランス (新潮文庫)感想
「お金があっても不安な日本人 お金がなくても平気なフランス人」みたいな手放しのフランス礼賛本かと思ったら、意外や硬派な、現地に定住している日本人女性視点からのフランス人観だった。教育制度についての記述が多い印象。個人的な希望としてはもう少し、食文化などにも触れて欲しかった。
読了日:4月2日 著者:飛幡祐規
なれる!SE (8) 案件防衛?ハンドブック (電撃文庫)なれる!SE (8) 案件防衛?ハンドブック (電撃文庫)
読了日:4月7日 著者:夏海公司
コンピュータシステムの理論と実装 ―モダンなコンピュータの作り方コンピュータシステムの理論と実装 ―モダンなコンピュータの作り方感想
読むのに時間がかかった。ブール論理からオペレーティングシステムまで、一気通貫でコンピュータの仕組みを解説する大学レベルの本。すべての段階で簡単なハード/ソフトの実装を手を動かして確認できるようになっているのが大きな特徴かも。
読了日:4月12日 著者:NoamNisan,ShimonSchocken
男の見極め術 21章 (実業之日本社文庫)男の見極め術 21章 (実業之日本社文庫)感想
女性の著者が女性向けに書いた「こんな男はダメだ!」というエッセイなのだろうけど、男の自分が読んでみましたよっと。感想としては、確かに一つ一つはうなずけるものの、ではこれが全く当てはまらない男ならいいの?……そんな完璧超人、いるわけあるかぁ!!!でした。世の99.9%(数字は適当)の男性は、ひとつはこのエッセイに書かれた属性に当てはまるんじゃないでしょうか。
読了日:4月13日 著者:唯川恵
堕ちる (宝島社文庫 『日本ラブストーリー』大賞シリーズ)堕ちる (宝島社文庫 『日本ラブストーリー』大賞シリーズ)感想
遠田志帆さんの表紙絵でジャケ買い。小学六年生の娘を持つ母親としての生活描写、カツカツの生活なのに娘のためにと見栄を張ったり、鈍い夫に苛立ったりする描写にリアリティを感じた。しかしだからといってキャッシングを重ねたり、どう見ても詐欺商法なセールスに手を出しちゃダメですよ(ノД`)と見てられなかった。娘も含めて、こんなことになる前に家族でちゃんと向き合って話すべきだったよ。最後は…そうきたかぁって感じの「堕ち」でした。
読了日:4月15日 著者:林由美子
Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例感想
RubyでWeb上の情報を効率よく収集するクローラーと呼ばれるプログラムを作成、運用するための実践的手引き。豊富な実用例が示されていて、ほぼそのまま試してみることもできる。特にanemoneというクローラーフレームワークとHTML構文解析ライブラリのNokogiriはよく使われている。一からクローラーを作るよりも、APIが提供されている大手Webサービスはそれを利用すべきだとか、対象サイトに負荷をかけない慎重な運用を心がけるなど実際に運用する上での注意点も勉強になる。
読了日:4月19日 著者:るびきち,佐々木拓郎
まんがでわかる D・カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」まんがでわかる D・カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」感想
タイトルに入っているD・カーネギーの有名な自己啓発書2作品はどちらも読了しているけど、表紙のイラストにひかれていわゆるジャケ買い。本編の作画も普通に綺麗で安心して読めた。またストーリーで解説されることで、すでに読んだはずの内容も新鮮さをともなって喚起され、想定以上に楽しめた。最近の自分を振り返っても、「あいたたた…」となる点が多く、もう一度謙虚に対人関係を見つめ直すべきかなぁ…と反省。
読了日:4月21日 著者:
星を継ぐもの (創元SF文庫)星を継ぐもの (創元SF文庫)感想
お借りした本。SFの古典的名作と聞くけれど、なるほど面白かった。月で発見された5万年も昔の屍体が地球人なのか、他の惑星の人なのか。確かにあったはずけれどあまりにも遠い過去の出来事を科学的アプローチで推論しようとする取り組みにロマンを感じた。最後のシーンは「ん??」となってしまったけれど…。続編もあるようなのでいずれ読む。
読了日:4月22日 著者:ジェイムズ・P・ホーガン
Coders at Work プログラミングの技をめぐる探求Coders at Work プログラミングの技をめぐる探求感想
とても時間がかかった。偉大なプログラマ15人へのインタビュー集。専門的すぎて言ってることの半分もわかってない気がするが、現代からすればとても原始的なマシンと言語しかなかった時代の雰囲気は少し感じ取れた。
読了日:4月30日 著者:PeterSeibel

読書メーター


4 / 26

2015

ペパボの株主総会2015

GMOペパボの株主総会に参加

今年も行ってきました、GMOペパボの株主総会。

もう1ヶ月以上も前になってしまいましたが、3月21日(土)にGMOペパボが属するGMOグループが入っている渋谷のセルリアンタワー、地下2階の大部屋で開催されました。昨年はGMOグループの食堂が会場で、高層階からの眺めがよかったので少し残念。

今年でペパボの株主総会に参加するのは4回目ですが、サラリーマン投資家でも毎年参加できているのは祝日開催にしてくれているおかげですね。ありがたいことです。しかもあまり意識していなかったんですが、単に土日祝日というだけでなく、春分の日と決めているようです。

参加者はあとで聞いたところによると約120人。心なしか昨年までよりも若い人や女性が増えていたようでした。

今回の注目は何といっても2月にテレビCMを始めたハンドメイドのオンラインマーケットサービス・minne(ミンネ)。株主総会開始前の会場内スクリーンでもそのCMが流されていました。

minne(ミンネ) ハンドメイドマーケット 手作り作品の通販

総会が始まり、事業概況の報告では昨年までと異なり、前面の大スクリーンに映しだされるスライドとナレーションで昨年度の概況が説明されました。この方が聞く側としてもわかりやすいし、議長である佐藤健太郎社長も喉を涸らさないで済むのでいいかもですね(コストはかかってしまうけど・・・)。

質疑応答

質疑応答では直近のCMで話題を集めていたminneに関する事を中心に9人の質問がありました。そのうちのいくつかを紹介します。

Q1. 3本の事業の柱(ホスティング事業、EC支援事業、コミュニティ事業)について、5年先に向けてどう考えているか


4 / 26

2015

RubyのMechanizeとNokogiriで読書メーターをスクレイピング

Rubyで読書メーターをスクレイピングしたい

読書系SNSの読書メーターを利用しています。

読書メーター - あなたの読書量をグラフで管理

ユーザー間のコミュニケーションも活発で、お気に入り・お気に入られ(Twitterでいうフォロー・フォロワーの関係)のユーザーとどのくらい同じ本を読んでいるか(このことを共読と呼んでいます)、なんて話題で盛り上がったりしてます。

ユーザー毎のマイページでそういう情報は確認できますが、数字は日々変化しますし、何十人、何百人といると楽な方法が欲しくなります。

あるお気に入りユーザーの方がPerlで共読数などを一括取得するスクリプトを書かれていて、以前それをいただいたんですが、自分の環境ではうまく動かなかったのでどうせなら自分が勉強中のRubyで同じものを書いちまえ、ということで書いてみました。

共読解析ツールのソースコード

スクリプトのソースコードはGistにアップロードしましたので、そちらをご確認ください。

読書メーターにログイン状態でアクセスし、お気に入りユーザーの読書状況を一括取得するRubyスクリプト

使い方

使い方、またプログラム作成過程でどういう処理をしたのか、解説していきます。


3 / 8

2015

ブログをロリポップに移行

JUGEM Plusからブログを移行予定

元々、JUGEM Plusで独自ドメインのブログを運営していました。

今このブログに適用している独自ドメイン(blog.baboocon.com)だったのですが、以前はJUGEM Plusで使っていました。

THE SNOWBALL(JUGEM版)

それが段々記事を更新するのが億劫になり、毎月の読書メーターの読書ログをコピペする記事すら更新が滞ってしまってた。

これはいかんと、心機一転、ブログを移転することに決めました。

今までのブログにはjugem.baboocon.comというサブドメインを新たにあててしばらくは使っていきます。

何を使ってブログを構築するか

無料のブログサービスというとはてなやライブドア、FC2、Yahoo!ブログ、アメブロ、あるいはオープンソースのCMSであるWordPressと様々ありますが、しばらく前にロリポップのずっと無料プランというのを契約したこともあり、せっかく追加費用なしで利用できるレンタルサーバーがあるのでそれらのどれも利用せず独自にブログを構築してみることにしました。

基本コンセプトとして、WordPressなどのような動的部分のない、静的サイトにするということ、そしてもうひとつ、最近自分がプログラミング言語のRubyを学習中であることから、Rubyで書かれた静的サイトジェネレータを検討してみました。

上述の条件を満たすものとして、有名どころではJekyllやOctopress、middlemanなどありましたが、検討の結果、Ruhohというオープンソースの静的サイトジェネレータを利用することにしました。

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • »