baboocon
Indivisual Investor

4 / 26

2015

ペパボの株主総会2015

GMOペパボの株主総会に参加

今年も行ってきました、GMOペパボの株主総会。

もう1ヶ月以上も前になってしまいましたが、3月21日(土)にGMOペパボが属するGMOグループが入っている渋谷のセルリアンタワー、地下2階の大部屋で開催されました。昨年はGMOグループの食堂が会場で、高層階からの眺めがよかったので少し残念。

今年でペパボの株主総会に参加するのは4回目ですが、サラリーマン投資家でも毎年参加できているのは祝日開催にしてくれているおかげですね。ありがたいことです。しかもあまり意識していなかったんですが、単に土日祝日というだけでなく、春分の日と決めているようです。

参加者はあとで聞いたところによると約120人。心なしか昨年までよりも若い人や女性が増えていたようでした。

今回の注目は何といっても2月にテレビCMを始めたハンドメイドのオンラインマーケットサービス・minne(ミンネ)。株主総会開始前の会場内スクリーンでもそのCMが流されていました。

minne(ミンネ) ハンドメイドマーケット 手作り作品の通販

総会が始まり、事業概況の報告では昨年までと異なり、前面の大スクリーンに映しだされるスライドとナレーションで昨年度の概況が説明されました。この方が聞く側としてもわかりやすいし、議長である佐藤健太郎社長も喉を涸らさないで済むのでいいかもですね(コストはかかってしまうけど・・・)。

質疑応答

質疑応答では直近のCMで話題を集めていたminneに関する事を中心に9人の質問がありました。そのうちのいくつかを紹介します。

Q1. 3本の事業の柱(ホスティング事業、EC支援事業、コミュニティ事業)について、5年先に向けてどう考えているか


4 / 26

2015

RubyのMechanizeとNokogiriで読書メーターをスクレイピング

Rubyで読書メーターをスクレイピングしたい

読書系SNSの読書メーターを利用しています。

読書メーター - あなたの読書量をグラフで管理

ユーザー間のコミュニケーションも活発で、お気に入り・お気に入られ(Twitterでいうフォロー・フォロワーの関係)のユーザーとどのくらい同じ本を読んでいるか(このことを共読と呼んでいます)、なんて話題で盛り上がったりしてます。

ユーザー毎のマイページでそういう情報は確認できますが、数字は日々変化しますし、何十人、何百人といると楽な方法が欲しくなります。

あるお気に入りユーザーの方がPerlで共読数などを一括取得するスクリプトを書かれていて、以前それをいただいたんですが、自分の環境ではうまく動かなかったのでどうせなら自分が勉強中のRubyで同じものを書いちまえ、ということで書いてみました。

共読解析ツールのソースコード

スクリプトのソースコードはGistにアップロードしましたので、そちらをご確認ください。

読書メーターにログイン状態でアクセスし、お気に入りユーザーの読書状況を一括取得するRubyスクリプト

使い方

使い方、またプログラム作成過程でどういう処理をしたのか、解説していきます。


3 / 8

2015

ブログをロリポップに移行

JUGEM Plusからブログを移行予定

元々、JUGEM Plusで独自ドメインのブログを運営していました。

今このブログに適用している独自ドメイン(blog.baboocon.com)だったのですが、以前はJUGEM Plusで使っていました。

THE SNOWBALL(JUGEM版)

それが段々記事を更新するのが億劫になり、毎月の読書メーターの読書ログをコピペする記事すら更新が滞ってしまってた。

これはいかんと、心機一転、ブログを移転することに決めました。

今までのブログにはjugem.baboocon.comというサブドメインを新たにあててしばらくは使っていきます。

何を使ってブログを構築するか

無料のブログサービスというとはてなやライブドア、FC2、Yahoo!ブログ、アメブロ、あるいはオープンソースのCMSであるWordPressと様々ありますが、しばらく前にロリポップのずっと無料プランというのを契約したこともあり、せっかく追加費用なしで利用できるレンタルサーバーがあるのでそれらのどれも利用せず独自にブログを構築してみることにしました。

基本コンセプトとして、WordPressなどのような動的部分のない、静的サイトにするということ、そしてもうひとつ、最近自分がプログラミング言語のRubyを学習中であることから、Rubyで書かれた静的サイトジェネレータを検討してみました。

上述の条件を満たすものとして、有名どころではJekyllやOctopress、middlemanなどありましたが、検討の結果、Ruhohというオープンソースの静的サイトジェネレータを利用することにしました。

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • »